スポーツ雑誌編集者

スポーツ雑誌編集者は一流のスポーツ選手を取材したりして雑誌で伝える仕事です。
運動神経には自信ないけどスポーツが大好きという人には転職かもしれません。


スポーツ雑誌編集者になるには

大学や短期大学などでスポーツ関連のコースを専攻したのち各出版社の採用試験を受けて入社することでなることができる。


審判員

各競技の審判を務める。大きな試合の審判を務めるまでは小さな試合で経験を積むなど修行が必要な場合も。
ただ、大抵はボランティアとして働いている影の立役者です。


審判員になるには

高校や大学を出た後、資格や講習を受けて採用試験に臨みます。その後は各競技において修行を積めば、晴れて大舞台での審判員になる可能性が見えてくるのです。
審判員を収入源として食べていけるようになるのはプロ野球や相撲などの一部の競技のみだそうです。