相続を扱わない司法書士

法律の面において考えると、司法書士は一部の相続について扱う事ができますが、中にはあえて相続の問題には着手していないという司法書士もいます。

司法書士の様な法律家は、自分の専門分野ばかりを扱う事もあります。

相続については専門外の司法書士であれば、対応してくれないという事もあるかもしれませんね。

知人に司法書士がいる場合には、相続の相談をするのもいいかもしれませんが、難しそうであれば、ネットで専門としている人を探すのも一つの方法です。相続というのは自分一人の問題ではなく、大事な家族も多いに関係してきますので、みんなの事を考えると、なおさらきちんと対応しておく事が大切かと思います。